忍者ブログ
MBAってどんなことを勉強するのか?経営のバックグラウンドがなくても無事に修了できるのか?不安な日々を日記に綴ります。
[1]  [2]  [3
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

3月30日で、MBAの授業がとりあえず終わりました。
あとは、春休み明けの5月にある試験をクリアするのみ。

ターム中に試験を組み込むという無茶なスケジュールのお陰で、休み明けの試験の数はわずか6科目だけ。
ちなみに、10月から12月15日までのタームA中に3科目、1月15日から3月30日までのタームB中に6科目の試験を既に終えています。

試験の結果もボチボチと発表されています。
試験結果の感想は、『マネージメントの思考って法律家の思考しか持っていない人には向いていない』ということ。

発表された4科目だけだけど、試験はとりあえず受かっていました。が、成績がいまいちで、メリット2つにパス2つ。ディスティンクションなどありません。

LLM(法律修士課程)の時の試験の経験を生かし、自分としては、ファーザーリーディングのジャーナルなども読んだし、ロジカルに回答したつもりなのだけど、マネージメント特有の『実際の例や自分の経験を挙げて自分の意見を付加する』というのが上手くできていなかったのでは、と原因を分析しています。

LLMの時は、勝手に自分の意見を書いても、『じゃ、何か貴方の意見をサポートする学者の意見や判例、判例の補足意見などあるの??』という案配に、必ずオウソリティが要求されます。
自分の意見や経験を書くだけなど、御法度。
論証も、積み木を順番に積むような論理的思考が要求されます。

例えば、事例問題の場合、法律要件や判例で確立された要件をまず指摘し、その判断に必要な材料のみを問題文から摘出し、分析して、分析に必要であれば、別の法律や判例を指摘して、問題文に当てはめる、そして、場合分けして、各当事者の結論を書く、という具合です。

こういうのを何の疑問もなくチャカチャカ出来るというのが、リーガルマインドというのかも知れません。

マネージメントという学問は、学問とはいえ、もっとダイナミックで実社会的な感じがします。
経済学者の中には、『経営学は学問じゃない』という方もいるようです。

そりゃそうですよね。株主に、
『マイケル・ポーターの説によるとこういう対応がベストだということだったので、そのようにしましたが、結果は残念なことに終わりました』
とロジカルに説明しても、金返せ!とか責任取れ!って怒られますよね。
逆に経済学って現実と分離しているような気もします。

論理的な方が良いとかダイナミックな方が良いとかいうつもりは全くありません。
でも、春休みに入ったので、イギリスの労働法の基本書を趣味で読み始めましたが、とても面白くて仕方ありません。
やっぱり、法律の方が向いているのだと実感しました。
PR

MBAのタイムテーブルは、大学によって大きく違いますし、同じ大学でも年度によって全く違うこともあります。

しかし、アメリカのMBAと違い、2年のプロセスを1年で終わらせるイギリスのMBAでは(ロンドンビジネススクールはイギリスでも唯一2年のタームですが)、タイムテーブルがかなりハードなものになることが珍しくないようです。

この下に、pdfファイルで、ロンドン大学ロイヤルホロウェイ(Royal Holloway)の春学期(2006/2007年度1月15日から3月31日まで)のタイムテーブルをアップしておきますので、参考にして下さい。

また、各大学のHPには、タイムテーブルを公開しているところもあるかもしれませんので、入学申し込みをされる前にチェックされてみるのも良いと思います。

ダウンロード(pdf)

同じ大学でも、前年度と次年度で全くタイムテーブルのハードさが違うこともあり得ることを知って頂くため、ロイヤルホロウェイの2005/2006年のタイムテーブルも下にアップしておきます。

ダウンロード(pdf)

昨日、Human Resourcesの最後の授業が終わり、これで終了した科目は5科目(Business Strategy, Sustainability, Information System, Finance, Human Resources)。

明日は多分Information Systemの試験。

『多分』というのは、実は先週、スケジュールがハードすぎるという学生からの不満が大量にあったので、試験をターム中にやるか、全ターム終了後のイースターホリデー明けの5月にするかを学生からの投票で決めるという運びになったのですが、投票締め切りの23日を経過しても、アドミから全く結果発表の連絡がないのです・・・。

明日試験があるかどうかの正式な連絡がないというのは、ちょっとガマンなりませんし、一般的に考えても非常識この上ないと思われるので、手が空き次第、学部のHead Teacherではなく、大学長宛に抗議の手紙を出そうと思っています。

だって、高いお金を払っているのに、試験の日程はコロコロ変わるは、試験があるかどうかの連絡はないはでは、満足行くサービスの提供を受けていないといえるからです。

働いていた時の忙しさや、厳しさ(『忙しくて間に合わない』なんて理由は社会人には通用しませんよね)を考えると、今のスケジュールの忙しさも十分ガマンの範囲内なのですが、スケジュールそのものが『最終決定』といいつつも何度も変わるのは許容できません。

学部長宛に手紙を出しても、なしのつぶてでないことを祈ります。

 

遂にRoyal Holloway・MBAのBusiness Strategyの試験を明日に控えました。

明日が試験なのに、月曜火曜と、普通に、いつも通り、授業が朝9時から6時まであります。

試験準備なんかする時間があるのか!?とか思ってしまうハードスケジュールなのですが、昨日と今日の授業で学生に変化が発生しました。

皆さん、試験勉強のため授業をサボっているのです!!

昨日は、60人中30人くらい来ていたのですが、今日は60人中たった7人という少数精鋭で授業を開始し、開始後30分で5人程さらにやってきたので、計12人というセミナーもビックリな濃密度で授業を行いました。

Human resourcesの先生(Dr)は、ドイツ人の40才くらいの男性で、かなりハンサムです。

能力の高いドイツ人(と私は信じています)の例に漏れず、英語はほとんど訛りなしで、たま~に『AND』を『ウント』といったりしているくらい。

身長は190センチ近くあり、小顔で8頭身。

若かりし頃のハリソンフォードの顔を上下にもっとコンパクトにした感じです。

その先生が、今朝は寂しげに微笑んでいました・・・。

金熊妻はドイツ&ドイツ人大好きっ子なので、明日が試験であろうとも頑張って登校したのですが、ちょっと可哀想でした。

そんな寂しげに微笑む先生を、携帯のカメラでパシリと撮る隣の席の台湾人の生徒さん(もちろん女性)。

理由を聞くと、ロイヤルホロウェイのもう一つのMBA・『MBA Public Sector』にも男前の先生が一人いるそうなのですが、どっちの方が男前なのかを友達と比べるため、写真におさめたのだそうです。

金熊妻の携帯は、人目にさらすのが恥ずかしいくらい旧式なので(日本で購入したイギリスで使える基本使用料なしのNOKIAの携帯)、カメラ機能は当然ありません。

かなり目立ちますが、デジカメを持参して、ばれないように気を配りつつ激写しようと思います。

とうとう来週水曜日にBusiness Strategy の試験が行われます。

一昨日の木曜日にInformation Systemのプレゼンを終了し、今のところ、プレゼン予定はありませんが、来週月曜から新しい科目であるHuman resourcesが始まるので、グループプレゼン(あるいはグループエッセイ)などのグループ企画モノをやるのかどうかハラハラです。

というのも、グループ企画モノはとにかく時間を食うから。

来週から、月曜火曜は9時から6時まで授業、水曜は試験、木曜金曜は9時から6時まで授業、という怒濤のようなスケジュールが始まるので、もしグループ企画モノが一つでも入れば、土日がつぶれることは必至。

そうなれば試験の準備などままなりません。

クラスにはインド人、パキスタン人が多いのですが(約60人中25人くらい)、彼ら(彼女ら)はとても優しく楽しく、人懐っこく、友達としては申し分ない存在なのですが、チームメイトとしては敬遠したい存在でもあります(ゴメンナサイ)。

というのも、とにかく議論好きで、自分の意見を納得がいかない限り曲げないので(この辺が妥協の上手い日本人との大きな差異だと思っています)、プレゼンの打ち合わせが遅々として進まず、まるで蟻がフルマラソンに参加しているかの如く、途方もない道のりになってしまうから。

しかも、チーム打ち合わせ中でもインド系同士が喧嘩をすることも度々・・・。

『試験の準備をしたいから適当にこの辺で・・・』という妥協がないので、プレゼンの成果自体は上々のできになるのですが、費用対効果が悪すぎます。

職人気質なのでしょうか・・・。

 

カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
[10/01 金熊妻]
[09/30 mayusan]
[09/28 金熊妻]
[09/28 mayusan]
[09/27 金熊妻]
最新TB
プロフィール
HN:
金熊妻
性別:
女性
職業:
今は大学院生
趣味:
蒸留酒、クリケット・サッカー観戦
自己紹介:
2006年秋からロンドン大学Royal HollowayのMBAに通うことになりました。経営についての基礎知識はグロービスのMBAシリーズ本で仕入れたのみ。無事修了できるか不安が一杯です。
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]